スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿命 VS 健康寿命

人生80年-産業革命以降、人類の寿命は医学や科学の発展と共に急速に伸びてきました。しかし昨今、こう言われています:

もうこれ以上、人類の寿命は延びることはない!

これに異を唱えて、必死に長寿への鍵を探っている科学者達はいますが、人類の反映は必ず自然環境悪化というトレードオフの関係にあります。非常に精巧かつダイナミックな生態系が一度崩れると、その修復は人間の手には負えません。そろそろ人類の寿命は来るところまで来ている、そんな気がします。人生80年、皆さん元気に80年を過ごせるのかどうか?現実はこうなっています:

* 65歳以上の人口の内、4割が1つ以上の疾病に悩んでいる
* 85歳以上の人口の内、9割が1つ以上の疾病に悩んでいる

結論:人生最後の10年は健康に暮らせない!

目前の超高齢化社会を迎えるにあたり、最後まで元気に生き抜くことが求められます。では健康寿命を延ばすには何が必要か?健康寿命は、下図3つのファクターがあると考えられます。
ユサナ_健康寿命
1. 遺伝的要因-こればかりはどうにもなりません。親から受け継ぐものでございます。
2. 環境的要因-環境を変えることは出来ます。水と空気がキレイな環境は整えたいですね。
3. ライフスタイル-健康的な食生活が大切。運動や睡眠も重要。タバコや飲酒が問題になりますね。

健康寿命を決定する全要因の内、3分の2は自己コントロールが可能な領域です!

現在消費税のニュースが賑やかですが、将来の世代に健全な日本を引き継ぐ為にも、社会保障に頼らない老後計画を立てるということが、今を生きる我々大人達の義務だと感じます。その意味でも、ユサナに関わるということは、とっても意義を感じますし、もっともっと多くの人に素晴らしい製品で自己防衛してもらいたいとも思います。

マーケティング 福田
スポンサーサイト

Fédération de la Vente Directe (FVD)

このタイトル、一体何のことやらですね。これ、フランス版の訪問販売協会です。ユサナ本社はDSA、そして日本ユサナ株式会社は日本訪問販売協会に加入しておりますが、この度、フランスでも現地の訪問販売協会に加入しました!このFVDはDSAと同じような権限を持つ機関で、フランスにおける訪問販売企業の認可などを行っています。

ユサナ_フランスオフィス2ユサナ_フランスオフィス1

現地のスタッフやオフィスを準備するだけで新しい市場をオープン出来るわけではありません。ここに至るまでに、現地の規制法に適合させた製品や、法定書面の準備、各種オペレーションに伴う様々なベンダーセレクション~契約等々、多岐にわたるB to Bや公的機関とのやり取りがあります。これらのベースがしっかりしていることは、ネットワークビジネスに限らず、どんなビジネスにおいても企業に求められるものだと思います。こういう裏側はなかなか見えないところですが、建物の基礎にあたる部分なので、とっても重要です。今回フランスでFVDの認可を頂けたのも、こういう“当たり前のこと”を真面目に取り組んだ結果だと思います。

マーケティング 福田

なぜユサナは自社工場にこだわるのか?

ユサナは製品に対し非常にストイックな姿勢を崩しません。その1つがこだわりの自社製造です。なぜここにこだわっているのか?どんな利点が得られるのか?ジョン・クオモ博士がお答えします。

ユサナ_Dr.Cuomo
研究開発担当エグゼクティブ・ディレクター ジョン・クオモ博士

質問1:ユサナはなぜ自社工場にこだわるのですか?
まず、製造工程全てを自分達でコントロール出来る権限があります。我々自身の為の行動ですから、近道や裏技を使おうという気にはなれませんし、製造に責任を持てます。私達のビジネスですから、その核となる製品の製造は自分達で行いたいと思います。

質問2:製造のほかに、ユサナが自信を持っていることは何ですか?
とにかく厳しい試験を実施していることです。特に下請け業者に製造を依頼している会社と比べると、大きなアドバンテージがあると思います。

質問3:それはなぜですか?
下請け業者は、日々様々なブランドの製品を製造しています。彼らは、全ての製造ロットに対して、品質チェックの試験を行うことはありません。収益性を圧迫するだけですから、必要最低限のことに留めようとします。私達は同じ製品を継続的に製造していくことで、その製品の弱点が見えて来ます。自社工場で製造していますから、その弱点を克服し、製品を常に進化させていくことが出来ます。

質問4:ユサナが実施している試験と一般的なサプリメント製造者の試験との差は?
FDAのガイドラインにおいて、サプリメントは、全ての成分、全ての製造ロット対象のフルテストを義務化されていません。よってサプリメント製造業者は一般的に、スポット抜き打ちのランダムテストを実施します。例えば年間100ロット製造するとなると、5ロットのランダムテストを実施する程度でしょうし、実際それで十分です。でも私達にとってはフルテストでないと意味がありません。

質問5:なぜそこまでこだわるのですか?
それはユサナが全社的に、もちろん研究開発部門を含め、コールセンターやマーケティング、セールス、ファイナンス等々-ユサナで働く全てのスタッフが高い倫理観を持って仕事にあたるべきだからだと思います。やはり会社に対して揺るぎない確信が無いといけません。だからこそ私達は自社工場を持ち、厳しい品質管理基準を徹底します。でもこの製品で素晴らしい体験をする人々を見ていると、そうあるべきだと思います。全ての製品には、マイロン・ウェンツ博士の栄養成分表示量保証のマークが付いています。彼が全ての製品に対して保証しているので、私はヘマが許されないのです。
------------------------------------------------------------------------------------------------

私も本社がこれだけこだわって製品を作っているので、安心してこういうネタをアップ出来ます!やはり自分自身で使ってみて良さを体感しているので、確信こそ行動の原動力になるのだと実感しております。

マーケティング 福田

クーリングオフ

ネットワークビジネスに携わるまで、この法律を聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。この法律は、消費者が被害を受けやすい6つの取引を対象に規制しています。ネットワークビジネスは連鎖販売取引と定義されています。

消費者をトラブルや被害から守る目的で作られたので、消費者には手厚く、反対に商品やビジネスを勧める事業者側には厳しい内容です。

特徴的なのはクーリングオフという制度です。これは契約してから一定期間、冷静になって契約をもう一度考え直すチャンスを与えるものです。ビジネスや製品を紹介する側はプロで、紹介受ける側は素人ですから、双方の認識に違いを埋めるために、このクーリングオフがあります。

クーリングオフをプラスに捉え、このビジネスは手厚く保護されているから、安心して取り組めることをアピールすることにもなるのではないでしょうか。ネットワークビジネスのクーリングオフ期間は法律で20日ですが、ユサナは30日と更に10日多く設定しています。それだけ、消費者に対して手厚いとも言えます。

コンプライアンス 久保田

フリンジの可能性

ネットワークビジネス業界は、ここ数年、市場として既に飽和状態にあると言われています。確かに大手各社の売上げを見れば、そのように判断出来るでしょう。しかし私は、まだまだ眠っている領域があると感じているのです。

マーケティング理論としてホットマーケットとコールドマーケットという表現がよく使われます。ホットマーケットとは、このビジネスに参画したいと思っている人達の市場です。コールドマーケットというのはその反対で、このビジネスは嫌いで、製品にも興味がない人達の市場です。ですから、如何にホットマーケットを獲得出来るか、更にコールドマーケットをホットマーケットに転換出来ないか、ということが議論になります。

私はこの業界を見て来て主張したいこと、それは「コールドマーケットはそう簡単に落とせませんよ。でも、ホットマーケットとコールドマーケットの狭間には、まだまだ手つかずの“フリンジ”がありますよ!」ということなんです。

ユサナ_フリンジマーケット

フリンジの定義は、「MLMビジネスには興味がありません(むしろ嫌っている)、でも製品は好き!」と感じている人達の市場です。でこのフリンジ、MLM業界はまだちゃんとここに根を下ろせていないと感じるのです。以前一緒に仕事をしていた、営業本部長の体験をご紹介しましょう。

彼の奥様は日本舞踊の先生をしており、彼の家には生徒さん達がたくさんやって来ます。その生徒さんのお一人に、某大手MLM企業のビジネスをされている方がいらっしゃったそうです。この方が他の生徒さん達を勧誘することから、
「先生、あの人と同じクラスにならないようにスケジュール組んで下さいよ~」
という依頼が続発したんだそうです。でもそういう文句を言ってくる生徒さん達、よくよく聞いてみると某他社大手MLM企業の愛用者だったのだそうです。つまり、『勧誘を受けて登録をし、製品を使う』というステップは経験済みなのです。

このフリンジ、おそらくとてつもなく大きな可能性があるのですが、ビジネスの効率を考えると、時間がかかりそうでしんどいでしょうね。でも、チャンスはあるはずです。

ユサナはホットマーケットの領域でも、まだまだしっかり知られておりません(=つまりチャンスがあります!)。質の高いビジネスビルダーで仲間作りをし、何処にも負けない製品でフリンジに打って出る。こんな流れで盤石なグループ構築が出来たら最高です。ぜひ安定したビジネスを構築するためにも、このフリンジ、意識してみて下さい。

マーケティング 福田

マラソンとRev3

健康のために、毎年秋~春にかけてマラソン大会に参加することが楽しみです。
マラソン大会には、いつもRev3をペットボトルの水に入れ、片手にもって走っています。片手に持つ大きな狙いは2つ。
前半給水所の渋滞を避けるのと、周りに流されていつもより早いペースで後半バテないように、自分のペースを保つ目的です。最初は、走りづらいと感じていましたが、慣れるとそうでもなくなりました。もちろん、後半になると空になるので給水ポイントでお別れとなります。

そのRev3も残り半分を超えると、泡が増えてきて中がモコモコ真っ白になります。
他のランナーからは白いアワアワを飲んでいる怪しい人にも見えるので、みなさんも気をつけてください。

コンプライアンス 久保田

タイにお知り合いはいませんか?

ユサナ16番目の市場として今年3月にオープンしたタイですが、この週末の土曜日に、グランド・オープニング・イベントが開催されました。タイのエキゾチックな文化を反映した、とっても素晴らしいイベントになったとタイのスタッフから聞いております。

ユサナ_タイ・グランドオープニング1ユサナ_タイ・グランドオープニング2
ユサナ_タイ・グランドオープニング3ユサナ_タイ・グランドオープニング4

タイには日本の大手企業が多数進出しており、バンコク市内に在住する日本人もかなり多いそうです。親日家も多いですし、タイは我々日本人にとって馴染みやすい文化があります。食事も安くておいしい!

如何ですか、タイにグループを構築してみませんか?

マーケティング 福田

砂金採り

ユサナに限らず、ネットワークビジネスに挑戦する人にはこう申し上げたいと思います。

このビジネスは『砂金採り』です!

砂金はどうしたら見つけられるでしょうか?砂金を見つけるには、たくさんの砂や砂利、石を丁寧に取除くという地道な作業の末にあります。ネットワークビジネスにおいても、このことが統計的に言えるのです。

全ての人が、あなたのやっていることに賛同してくれたり興味を持ってくれる-これはあり得ません!私が断言出来るのは、1人でも多くの人に出会い、製品の事やビジネスの事を話し続けていれば、自分の活動を理解する人と出会えるのです。つまり、自分と同じ価値観を持った人を見つけることが仕事であり、断られることも大切な仕事なのです。

『何とか分かってもらえないだろうか?』

誰でも無意識にこういう感情を持ってしまうと思います。しかしこういう感情が説得、さらには無理な勧誘行為になるのです。だから、このビジネスは砂金採りの姿勢で臨むべきなのです。
ユサナ_砂金採り地道な作業の積み重ねが大切!

この業界、“ツール”に依存し過ぎてしまう人が結構います。ツールは重要ですが、あくまでも活動をサポートするものであって、やはり“あなた”が重要です。その為には何が重要か?答えは“確信”だと思います。

マーケティング 福田

ユサナ・アンフィシアター

今年もインターナショナル・コンベンションの季節になりました。
毎年開催される前夜祭:ユサナフェストの開催地は、5年ぶりにアンフィシアターで開催されます。5年前に一度行ったことがありますが、アメリカらしい大きな野外コンサート会場でした。会場は普通の席もありましたが、芝生もあって、アメリカらしく寝転んでいる方も多くみかけました。

夕方ですから、その時は夕焼けを見ながらコンサートを鑑賞して、コンベンションの本番前にユタらしい景色を見たことを思い出します。

コンサートはもちろんですが、この雰囲気も素晴らしい体験になること間違いなしです!

コンプライアンス 久保田

ビジネスインテリジェンス

今回は製品のことや広報から離れて、経営についての考察を書いてみようと思います。ユサナがどんな企業運営を心掛けているかが伝わればと思います。

経営を車に例えると、社長やマネージャーは運転者ということになります。当たり前の事ですが、ビジネスの現場では慎重かつ大胆な運転が求められます。ではやみくもに運に任せてハンドルを切れば良いのか?もちろんそんなことはありません。そこで大切なことは、会社にスピードメーターや燃料計、ナビゲーションなどのサポートツールが揃っているかどうかが重要です。

ここ10年ほど、ビジネス分析のインターフェースが急速な発展を遂げています。ビジネスインテリジェンスと呼ばれるウェブベースのソフトウェア誕生によって、ITの技術者でなくとも、情報の宝庫であるデータベースから簡単に“真実”を取り出せるようになりました。「先週、ヘルスパックとRev3を買った人は何人いたの?」「昨年一年間で、4人以上直出しした人のリストが欲しい」…こんなことがデスクトップ上で簡単に出来るのです。

しかしこのビジネスインテリジェンス、導入してみたものの「どう使ったら良いの?」「そもそも何なの?」-たぶんこんな会社がかなり多いと思います。

ユサナでは、ビジネスインテリジェンスによるビジネスの“発見事”を非常に重要視しています。これら発見事はすぐにマネージャー陣で共有する環境を整えています。これによって何が起こるのか?-投資効率が上がるのです! つまり、経営判断に間違えを起こしにくくなるのです。こういう見えない部分を研ぎ澄まし、強い企業体質を作ることこそ、フィールドの皆さまが思い切ってプレー出来る環境を作るものと確信しています。

ちなみに、ビジネスインテリジェンスで見つけた発見事を幾つかご紹介~
*直出し11人目を達成した人は、コミッション金額が10人までの人とはまるで違う
*登録後8週以内でコミッションを獲得した人は、オートシップ継続率がそうでない人の2倍
*プラチナ達成している人は、ダウンライン数平均が20.3人に対し、未達成の人は4.5人
*全くコミッションが出ていないと、登録後12か月で94%の人が辞めてしまう
『新規スポンサリング活動+プラチナ達成+丁寧なフォローアップ+安定したコミッション=成功』であります!

マーケティング 福田

チームユサナファイター、ティモシー・ブラッドリーが2階級制覇!

ティモシー・ブラッドレー(現WBO世界スーパーライト級、現WBO世界ウェルター級王者)
チームユサナ_ティモシー・ブラッドリー
ユサナのアスリート契約(ドーピング検査で陽性反応が出たら、最高100万ドルを保証)を結んでいるティモシー・ブラッドリーが、この週末9日に行われたWBO世界ウェルター級タイトルマッチにて、王者マニー・パッキャオからベルトを獲得しました。ブラッドリーはWBO世界スーパーライト級王者でもあるので、これで2階級制覇です!また彼は元WBC世界スーパーライト級王者でもあります。

試合前、非常に苦しい試合になるだろうと彼は語っていました。なぜならば、ディフェンディング・チャンピオンのマニー・パッキャオもユサナ製品で万全の体調を維持していたからです。

http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/06/10/0005125120.shtml

前回のブログでも書きましたが、実際にアスリートがユサナ製品に健康を託し、結果を出しているというのは本当に難しいことなのです。高額なスポンサーフィーで、カタログの表紙でポーズをとってもらうのとはわけが違います。これからも、ユサナ製品を愛用するアスリートが増えてくるでしょう!

マーケティング 福田

メラビアンの法則

ユサナビジネス限らず、あらゆるシチュエーションで効果をもたらすもの-それは“笑顔”であります。今回は心理学の世界で有名な『メラビアンの法則』をご紹介したいと思います。

第一印象は一発で決まる!

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンは、ファースト・コンタクトで生まれる人の印象を三つの要因に分類しました。第一印象は以下の比率で決定するのだそうです。

1. 視覚的要因-55%
2. 聴覚的要因-38%
3. 言語的要因-7%


1.の視覚的要因というのは、読んで字のごとく、相手の表情や態度、服装などです。つまり相手と出会って挨拶する前に、ほぼ印象が決まってしまうということです。だから笑顔が大切なのです
2.の聴覚的要因とは、音声表現のことで、言うなれば“声のトーン”です。ジャパネットたかたの高田社長を思い出して頂くと分かりやすいでしょう。
3.の言語的要因とは、話の内容です。分かりやすく説明するとか、あいまいな言葉を避けることが重要です。

コールセンターで駆出しの頃、このメラビアンの法則は常に意識しました。というのは、コールセンターでは相手の顔が見えません。55%もの第一印象を形成する視覚的要因が無いのです。ならば電話での第一印象はどうなるの?答えは、2.の聴覚的要因にこの55%が上乗せられて、93%となるのです。つまり電話の場合、

『お電話有難うございます。○○株式会社の××でございます!』

で印象が決まってしまうのです。

このメラビアンの法則、覚えておいて損は無いですよ!

マーケティング 福田

韓国、男子女子ハンドボール・チーム、チームユサナの一員に!

韓国の男子と女子のハンドボール・ナショナルチームが、ユサナのサポートチームとなりました!

韓国男子ハンドボールチームは、二回連続でアジア・ハンドボール・チャンピオンズで優勝している、アジア最強チームです。また韓国女子ハンドボールチームも、現在二つのワールドチャンピオンシップ・タイトルを保持しています。

夏のロンドン・オリンピックでは、活躍が期待される強豪チームです。

チーム・ユサナ
米国スキー&スノーボード協会
WTAツアー
英国ショートトラック・スピードスケートチーム
その他多数の個人アスリートやナショナルチーム
チームユサナ

ドーピング問題でアスリート人生を終わらせてしまう怖さゆえ、アスリート達はサプリメントを使いたくても使えない実態があります。ユサナの製品は、医薬品GMP基準の準拠、NSFHFLConsumerLab.comという第三者機関による安全性の確認を行っています。これらのお陰で、600人以上ものアスリート達が、ユサナ製品を愛用するようになりました。ユサナは高額なスポンサーフィーでアスリートを獲得しているわけではありません。彼らの自発的な行動なのです。このことこそ、ユサナの絶対的な強みであります。

マーケティング 福田

心の叫び

今日は年に一回の健康診断でした。

お腹まわり測定
「お腹まわりを計ります。」・・・あれっ、という表情で「すみません、もう一度計ります。」
心の叫び1:去年の数値より減ってるYO!だって頑張って腹筋背筋してるもん!

胃部消化管X線(バリウム飲むやつ)
「消化器官はキレイなようですね。何か消化器官で気になることありますか?」
「いや、特にありません。」
心の叫び2:ねーYo!毎日プロバイオ飲んでんだから!

最後の問診
「特に問題はないようですね。何か気になることはありますか?」
「いや、特にないです。」
心の叫び3:ユサナ製品毎日しっかり使ってるから!

マニアックなブログポストが続きましたので、今回は運動とユサナ製品を使い続けることで生まれる「心の余裕」を披露させて頂きました。(笑)

マーケティング 福田
プロフィール

日本ユサナ

Author:日本ユサナ
ミッション・ステートメント

科学をベースにした、最高品質のヘルス・プロダクトを開発し、ネットワーク・マーケティングを通じて世界に頒布することで、アソシエイト会員、株主、社員に素晴らしい収益をもたらす機会を創造する。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。