スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究論文のご紹介

ユサナの研究開発部門のエグゼクティブ・ディレクター、ジョン・クオモ博士と、研究開発部門で一番新しいスタッフのアダム・ダームが、研究論文をJournal of Natural Productsで発表しています。イタリアのUniversita degi Studi del Piemonte OrientaleとIndena S.p.A.,との共同研究です。当論文は英語です、ご了承下さい。

http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/np1007262

バイオアベイラビリティ(生体利用能)が低いクルクミンに関する論文です。科学者でない私は内容を評価することが出来ませんが、社員として誇りに感じます。それは

「自発的に新発見を追求しているから」

です。製品作りのリファレンス(参照事実)を自前で研究することはとても大変なことです。しかし、こういう目に見えないところに時間とお金をかけるからこそ、最高の製品を作ることが出来るのです。

クルクミンは生体利用能が低い→どうしたら生体利用能を改善してプロコサミンをより良くすることが出来るか?

クオモ博士はじめユサナの研究開発チームが研究に没頭する理由は単純です。この姿勢こそ、ユサナ製品が第三者格付け機関から最高の評価を頂ける理由でもあります。

マーケティング 福田

スポンサーサイト
プロフィール

日本ユサナ

Author:日本ユサナ
ミッション・ステートメント

科学をベースにした、最高品質のヘルス・プロダクトを開発し、ネットワーク・マーケティングを通じて世界に頒布することで、アソシエイト会員、株主、社員に素晴らしい収益をもたらす機会を創造する。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。