スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保障プログラム法

私の大切な情報源の健康産業速報にこんな記事が出ております。

以下抜粋
衆議院議員の鴨下一郎氏は17日、日本健康・栄養食品協会が主催したセミナーで講演し、昨年12月13日に公布された「持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律」(社会保障プログラム法)について説明。同法は健康寿命の延伸に向け、自己責任による健康管理を強化し、自助、共助、公助をバランスよく運用することを目的とした社会保障制度改革に道筋をつける法律で、同氏は14年度から17年度までに制度改革を順次実施することを明らかにした。

皆様、これをどう解釈しますか?先日のエントリでも触れました通り、日本の人口動態がこの流れを生み出していることは明白です。抜粋に2つのキーワードがあります。「自己責任による健康管理」「健康寿命」です。年金に支えられる65歳以上の高齢者人口は増加し続け、年金を創出する労働者人口は減少し続けます。更に医療費の平均値は、私の記憶ですと、高齢者は65歳未満と比べ、約6倍も大きかったと思います。

現政権は4月から消費税を8%に引き上げます。つまり、消費増税と社会保障給付の削減によって、何とか社会保障制度を維持しようという政府の方針を見ることができます。

ますます予防医学が大切な時代になります。

代表取締役 福田
スポンサーサイト
プロフィール

日本ユサナ

Author:日本ユサナ
ミッション・ステートメント

科学をベースにした、最高品質のヘルス・プロダクトを開発し、ネットワーク・マーケティングを通じて世界に頒布することで、アソシエイト会員、株主、社員に素晴らしい収益をもたらす機会を創造する。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。