スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1992 Rio Earth Summit

前回のエントリに引続き、ライル・マクウィリアム博士のプレゼンテーションで印象に残ったもの、第二弾をご紹介したいと思います。

タイトルにあります、1992年リオで行われました世界環境会議、リオ・アースサミットで議題にあがったものです。

世界各地の農地に見られる問題として:

1. 過剰な開墾による土壌侵食
2. 農作物の大量生産による土壌の疲弊
3. 肥料による土壌の酸性化、及び害虫に対する感受性の高まり

があるそうです。これらの問題によって、この100年間、ミネラルが農地の表土から無くなっているそうです。その損失率は:

北米大陸  85%
南米大陸  76%
アジア    76%
アフリカ   74%
ヨーロッパ 72%


となってしまっているそうです。損失スピードは非常に早く、土壌の回復スピードを大きく上回ってしまっているそうです。特に発展途上国で、その傾向が顕著だそうです。

なお農地と作物の栄養における問題点を、非常に分かりやすくまとめたリサーチが、Nutrition Security Instituteのレポートです。ここに書かれているものも、少しずつご紹介していきたいと思います。

代表取締役 福田
スポンサーサイト
プロフィール

日本ユサナ

Author:日本ユサナ
ミッション・ステートメント

科学をベースにした、最高品質のヘルス・プロダクトを開発し、ネットワーク・マーケティングを通じて世界に頒布することで、アソシエイト会員、株主、社員に素晴らしい収益をもたらす機会を創造する。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。