スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生涯現役のビジネスを!

寿命 VS 健康寿命というトピックでブログを書きましたが、今回はその続編とでも言うべき内容です。健康でいることが何より大切ですが、やはり財と心が備わっていないと、幸せな老後を全う出来ないと思うのです。この観点から、ユサナに限らず、ネットワークビジネスは生涯現役で楽しめるものですよ!と力説したいのです。

そもそも定年制はおかしくないか?
この表をご覧ください。たった65年前の昭和22年(1947年)は、日本人の寿命は50年そこそこだったのです。その昭和22年の4月7日、労働基準法が制定されます。
ユサナ_寿命推移

出典:厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life07/01.html

「人生50年」と言われていた時代に、定年という制度が持ち込まれ、その年齢を55歳としたのです。つまり

人は死ぬまで働くのが当たりまえ

だったのです。あれよあれよと寿命が延びていき、法改正が実態に追い付いていないことが一目瞭然です。今定年が65歳になってきていますが、現代の65歳、バリバリの現役と変わらず元気ですよね。勿体ないと思いませんか?

なぜネットワークビジネスなのか?
これにはいくつか理由がありますが、大切なことは上司・部下の関係が無いことでしょう。とかく日本の社会では、年功序列という風習があります。定年が無くなって年長者の割合が会社組織の中で大きくなると、若い力が発揮されにくくなる危険性があります。ネットワークビジネスならば、組織を構築していくのに年功序列は関係ありません。そしてネットワークビジネスには、価値観を共有した仲間意識が生まれやすいということもポイントです。「会社務めで感じる仕事ではない、むしろ趣味に近い」-こう感じる方が多いはず。ライフワークとして取組める可能性があります。さらに健康産業に携わることで、社会的な意義も大変大きいです。

会社選びで重要なこと
先ほど上司と部下の関係が無い、と書きました。が、アップライン・ダウンラインの関係が上司と部下になってしまっている会社が少なくない!これは業界人として残念なことなのですが、『セミナーに参加しないなんて有り得ない!』とか『このプロモーションに達成しないと、リーダーの○○さんのメンツが無い!』なんていうムードで組織運営するグループは少なくないです。グループの中に、上司と部下という関係が出来上がってしまうと、“なぜこのビジネスをやるのか?”という原点がゆがんでしまいます。やはり、メンバーひとりひとりが意識を持って、自発的に動くべきです。この点、ユサナはとってもクリーンです。3年前入社した際、驚いたポイントです。
そして勿論、確信が持てる製品があるか? 公正なマーケティング・プランがあるか?

定年退職後も人生を楽しみたいならば、ネットワークビジネスは1つのソリューションではないかと思う今日この頃です。

マーケティング 福田
スポンサーサイト
プロフィール

日本ユサナ

Author:日本ユサナ
ミッション・ステートメント

科学をベースにした、最高品質のヘルス・プロダクトを開発し、ネットワーク・マーケティングを通じて世界に頒布することで、アソシエイト会員、株主、社員に素晴らしい収益をもたらす機会を創造する。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。