スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立場と心理変化

前回のエントリで書きました通り、私の立場が大きく変わりました。過去振返ると、8年前に同じような経験をしました。ディストリビューター・サービス部門で何人かいるスーパーバイザーの1人でしたが、当時の上司であった水谷氏の退社をきっかけに、マネージャー職に就きました。(この時のご縁でユサナに来たのです!)まだ29歳であった私は、はっきり言ってしまうと怖いもの知らずで、「失敗しても良いから新しいことをやろう!」と常に挑戦していました。そのような性格が幸いしたのか、その後のマネージャーとしてのキャリアを順調に積み上げていくことが出来ました。

常に“新しいチャレンジによる期待感”が“新しい責任から来る不安”を完全に打ちのめしていたのです。

しかし、今回はちょっと違いました。代表取締役という立場の重さが、マネージャー職のそれとは全く違うと気付いたからです。何が違うかと言うと“最終責任”です。今までは、まだ上司という存在がいたので甘えられたのです。一番の重責は何かというと、「スタッフや会員様の生活が肩にかかる」ということです。さらに、「彼らには養わなければならない家族がいる」ということがイメージ出来た瞬間こそ、猛烈な重責を感じられずにはいられません。かつてのように“不安など一切無い”と言ったら嘘になります。しかし代表取締役という役職においては、この不安を感じなければならない立場だと思っております。その意味で自分は自然なんだと、ここ数日間の心の変化を観察しました。

立場が変わった瞬間に起こる心理変化を、身を持って体験しました。しかし立場が人を成長させることも知っています。このビジネスにおいては、誰しもみな自分が自身のボスです。みんなボスになるのなら、それなりのマインドを持たないといけないということです。たぶん成功する人というのは、この「マインドを変えられる人」だと思うのです。

皆さんも経営者マインドに切り替わってますか?まだの方は早く切り替えて、ユサナを精いっぱい共に頑張って行きましょう。

代表取締役 福田
スポンサーサイト
プロフィール

日本ユサナ

Author:日本ユサナ
ミッション・ステートメント

科学をベースにした、最高品質のヘルス・プロダクトを開発し、ネットワーク・マーケティングを通じて世界に頒布することで、アソシエイト会員、株主、社員に素晴らしい収益をもたらす機会を創造する。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。